ボンビーキャンプ北海道

札幌。アラフィフではまったキャンプ遊び

三角山・大倉山・小別沢

9/7 お天気がよかったのでのんびり縦走
奥三角山に挑戦したかったのですが、私有地って標識があったため、なんとなくやめました。
登山者さんに会えればよかったんでしょうが、あいにく大倉山から奥は、ほとんど会うこともなく。
ネットの情報によると、みなさん問題なく入山しているようなので、問題ないのでしょう。
でも、私有地、って改めて書いてあるんで、ためらってしまいました^^;
次行くときは休日のほうがいいかな。。どなたかの後をくっついていこうかなとか(笑

いつものストックを借りて。
山の手から出発。
三角山1

三角山2

三角山3

三角山4

三角山5

三角山6

三角山7

三角山8

頂上にはキアゲハ?
蝶々がたくさん。
三角山9

三角山10

四阿まで降りて、大倉山へ向かう。

大倉山1

大倉山2

大倉山3

大倉山4

大倉山5

大倉山6

大倉山7

大倉山8

ほぼ頂上あたりの左をみると、ロープウェイ乗り場が下にちらっと。
大倉山9

奥三角山に向かう。
つもりが、私有地表示のため登るのをためらってしまった。
結局あとから、そこを登るしかないとわかって、がっかり。
なんとなくすっきりしないまま、小別沢に向かってどんどん登ってどんどん降りて行ってしまった。

小別沢2

小別沢3

登山者ぜんぜんいない。
寂しく険しくなっていく道。
時々道がなくなりそうなとこも。
樹が倒れてふさいでいたり。
どきどきしながら、ストックを2本ぶつけて音をたてて、居ないと信じながらも熊さんにお知らせ(汗

小別沢4

小別沢5

やぎがいる!
ってことは、ここは例のやぎやさんだぁ。
こんな遠くまで来ちゃったんだなぁと、しみじみ。
ってことは、小別沢トンネルの上を歩いてたのかな。
昔は心霊スポットだったと思うけど。
このへんの道は、森ってかんじで空気がまったく違ってました。
怖い気もするけど、気持ちがいい。

小別沢6

とうとう下まで降りてしまった。
出口は農家さんの敷地内で、びっくり。
また誰もいない山へ逆戻りしました。
小別沢7

大倉山のてっぺん近くのベンチんとこで、山ガールさんたちとベテラン女性に会いました。
山ガールさんたちは、やっぱり奥三角山がどこか微妙だったようで。
私の道中を一応お話ししてたところ、奥三角山への道に関してや、周辺情報をベテラン女性さんから詳しいことを聞くことができたのでした。
一日で藻岩山、荒井山、大倉山、そしてこのあと三角山に登ってから帰路につくとのこと。
感動しちゃいました。
私は、その時点で実は足ガクガクのヘロヘロだったので(笑


‏帰路1

帰路2

小別沢からの登りで、足がもうこのころはパンパンになっちゃったので、
大倉山で休憩。
ソフトクリームで生き返らなくちゃね。
甘さ控えめの、夕張メロンとバニラのミックス。
30分休憩で、元気復活。
ソフト

帰路3

帰路4

帰路5

帰路6

帰路7

ちょっとワクワクするガレ場。
苔むしてるところもあったので、ちょっと滑ったり。

帰路8

帰路9

哲学の道経由でこぶし平。
やっぱりここで、ようやく落ち着いておにぎりの昼食。
蚊?ブユ?の攻撃にあってしまった。


帰路10

自分の体力以上に無理して歩いてしまった日でした。
でも、ちょっとした冒険って感じで楽しかった。
ただ、もし滑って落ちちゃったらとか、足痛くなって動けなくなっちゃったら、と考えると、
人が少なすぎる場所は、やっぱり危険かもと反省。
最近欲張りすぎな気もするので、分相応でこれから楽しむように反省です。
紅葉の時期にまた登りたいな。



























テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/09/11(金) 21:23:48|
  2. 三角山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

三角山~大倉山

三角山 縦走10

晴天の朝、三角山に行ってみました。
地下鉄とバスで。案外本数があって、行き易いです
山の手登山口。

三角山 入口

入口にポールというか、スキーのストックがたくさんかけてありまして。
自由に借りることができます。
このおかげで登りがなんと楽しいこと。
やっぱり折り畳みの、買おうかなぁ・・

三角山 登り1

三角山 登り3

三角山 登り4

三角山 登り5

のんびりと頂上に到着。
飛行船がとんでました。

三角山 頂上1

三角山 頂上2

にぎやかだったので、お茶飲んだだけでそのまま大倉山に向かうことに。

少し下って、四阿のところの標識に、大倉山って書いてあるかと思ったら、ない。
微妙に不安だったので、近くにいらしたご夫婦に教えていただく。
親切にしていただき、ありがたかった。
まだ三つめの低山だけど、三角山が一番登山者さんたちがあったかいと思いました。
90パーセント以上が、挨拶してくださるし、なんだか一言二言かわしやすい(笑)

三角山縦走1

三角山 縦走2

三角山 縦走3

三角山 縦走4

三角山 縦走5

三角山 縦走6

三角山 縦走7

三角山 縦走8

三角山 縦走9

三角山 縦走10

三角山 縦走11

三角山からの大倉山への道。
新緑に囲まれながら幸せを感じた。
時々、すぱっと切れている草などが道に散らばっており、人なのかカラスなのか他の仕業なのか、気になった。
 
なんだかにぎやかな音が聞こえると思った時には、大倉山の頂上でした(汗)
リフトと建物がすぐ左下に。
アジアの観光客であふれかえっていました。
ソフトクリームくらい食べようかと、建物に入ってみましたが、大行列だし大声だらけで挫折。
靴紐だけなおしてすぐ出てきちゃった。

大倉山1

さっき登った三角山がお隣に見えて不思議な感じ。
飛行船もまたきた。


大倉山2



大倉山3

大倉山4

大倉山5

大倉山6

このとき、奥三角山まで行くつもりで来てたのに、すっかり忘れて来た道を戻ってしまいました。
またいつかその先に行ってみようと思います。
ばんけいには、前日に熊が出没っていうのは、帰宅してからニュースで知りました。
一人だし、熊鈴もつけてなかったので、奥三角山にはいかないで正解だったかもです。

下り1

下り2
神経質なカラスがたくさんいたので、歩くときは気を付けた方がいいのかもです。

下り3

哲学の道

下り4

この場所だけが、ガレ場。

ガレ場1

ガレ場2

ニリンソウ?

花1


ヒトリシズカ?

花2

花3

タチツボスミレ?

花4


シラネアオイ?


シラネアオイ1

シラネアオイ2

シラネアオイ3

エンレイソウ?

エンレイソウ

こぶし平でおにぎりとお茶。
交差点なので、登山者の方々がちらほらと通りかかります。
そこで食べるとおいしいよね!とか、 お疲れさん!とか、声かけてくださいます。
なんだか本当にあったかいんだからぁ。

こぶし平

またすぐ行きたい三角山でした。




テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/05/19(火) 18:37:51|
  2. 三角山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カテゴリー

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

恵美日記をリンクする?

最近のトラックバック