ボンビーキャンプ北海道

札幌。アラフィフではまったキャンプ遊び

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手打ちうどん

結構時間はかかるのですが、思いのほか美味しく出来たので、レシピ紹介。
手打ちうどんです。
私の愛読書のホクレン発行GREEN誌を参照して、以下にまとめました。


ボウルに中力粉500gをいれ、ぬるま湯225gに塩25gをとかした塩水を加え、すぐに手でかきまぜる。
手早く混ぜる。
おから状になるのが目安。

手のひらで全体をおさえつけて円盤状にまとめる。
かわかないようにボールごとビニールに入れて30分ねかせる。

米袋ではさみ、まんべんなく踏む。
一通り踏んだら、端から巻き、巻き終わりを下にして、また踏む。
これを4回繰り返す。
踏み終わったら、ビニールに入れて30分ねかせる。

生地を手で練って丸く成型する。
手のひらでつぶして、厚さ1,5センチの円盤状にしてまたビニールにいれ、30分ねかせる。

台に片栗粉を打ち粉として使い、生地を置き、めんぼうで中央から奥へ押し出すようにする。
上下を返してまた中央から奥へ押し出す。
生地を横にして、同じようにする。

生地を手前からめんぼうに巻く。
奥へ転がしては手前に戻し、転がしては戻し。
時々上下を返して生地を巻きなおしながら10回くらい繰り返す。
めんぼうに添える手は、外から中へ動かすように。
めんぼうを縦にして生地をひらき、また巻いてころがしては戻す。
2-3回繰り返す。

めんぼうを斜めにおいて生地を開くと、四角形になる。
手前から巻き、転がしては戻しを10回くらい繰り返す。
全体が6ミリの厚さになるように伸ばす。

生地に打ち粉をして、つづら折にたたむ。
端から6ミリ幅に切り、きり終えたらさばく。
5人前が完成。

たっぷりの沸騰したお湯で20くらいゆでる。
硬さをチェックする。
すぐに冷水にとって、流水でぬめりが取れるまで水洗い。
完成です。




6ミリなんて上手にほそくはきれなかったので、ゆで時間は25分ほどかかってしまいましたが、
思いのほかおいしくできました!
じっくりゆでないと、芯がのこりがちなので、必ずゆでながら1本食べてみてください。
時間はかかるけれども、結構いい加減に作ったわりに、とってもおいしくできました♪
時間があるときにでも、ぜひどうぞ。
作ってる間に、身体がぽかぽかになります。
うどんを踏んでいると、職人の気分になります(爆)

スポンサーサイト

テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

  1. 2008/11/26(水) 18:41:31|
  2. わんぽいんとクッキング?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

包丁使うときの姿勢

包丁持つ仕事になってから、一番驚いたのが、調理器具の大きさ。
なんでも、とりあえず大きいんですよね(笑)
肝心の包丁も、とにかく大きい^^;
なれるまで、大変でした。
長い包丁は、まな板に向ってトントントンと使っていると、利き手は右なので、右の腰に右ひじがあたるんです。
先輩に教わった包丁をつかう時の姿勢で、このことが解消しました。
普通はまな板に平行に立つと思いますが、まな板と直角の立ち位置で包丁を使うのです。
そうすると、腰に肘があたることなくスムーズでリズミカルに。
職場では汚れない格好をしているため、左の腰がまな板にほぼ当たっている形になります。
そして、頭の位置は、そのまままっすぐ上。
どうしても、覗き込むような姿勢になってしまいがちなのですが、そうなると上手なさばきができないのです。
まっすぐ上から見下ろすのが一番のようです。
  1. 2007/01/25(木) 22:25:26|
  2. わんぽいんとクッキング?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お料理に使うお酒

お料理は、苦手~
でも、ここ数年好きになったんです。
それは仕事のせいでもあるかもですが。
以前は厨房で、今は食材?(笑)を扱う仕事。
必然的に、包丁を持つ時間は多くなったわけです。
けれども、苦手で無知さは相変わらずで、知らないことで恥ずかしい思いもたくさんしました。
ここで、新しいカテゴリー わんぽいんとクッキング?を作っちゃいました。
お料理に関する、たぶん皆さんご存知かもなのに、わたしは知らなくて、プロさんに教わってきた数々を~
思い出したら書いて行こうって思います^^

今日は、ひじきの煮付けを夕方作っていたんですが、早速思い出した。
炒め煮のような、炊くようなものには、お酒を使うこと多いですよね。
そのお酒をいれるタイミングって、他の調味料と一緒にいれることが多くありませんか?
お店で習ったいれ方には、ポイントがあったのです。
油をひき、じっくり炒め、しんなり油が回ったら、ここでお酒。
そして、ここでもまたじっくりゆっくり炒め煮するんです。
他の調味料が入る前に、ここまでを下準備のような感じで。
お酒の水分が飛んだら、他の味付けにはいるんです。
お酒のしみこみのおかげで、ふんわりやわらかく味がいきわたる・・・
というのが、教えてもらったことでした^^
これは、ひじきや、ぜんまい煮やキンピラなんかにも、いいですよ。
やったことないかたがいらしたら、是非どうぞ^^



  1. 2005/10/29(土) 21:26:14|
  2. わんぽいんとクッキング?
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カテゴリー

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

恵美日記をリンクする?

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。